従来工法に対し、「リバコン工法」は、コンクリート躯体内部までも改質する工法です。

また、【リバコン・リキッド】は、樹脂等の従来材とは異なり、触媒性化合物を主成分とした無機質の材料です。

【リバコン・リキッド】をコンクリート躯体表面に塗布すると、主成分の触媒性化合物がコンクリート躯体内部に浸透し、水酸化カルシウムをつかみ、触媒性カルシウム化合物となり、さらにセメントゲル位置まで運び、結晶化を促します。

そして、不溶性のC-S-H系結晶を成長させ、遊離した触媒性化合物は新たな水酸化カルシウムをつかみ、次のセメントゲルへ移動します。

これらの化学反応により、コンクリートが緻密化され、コンクリートの空隙が減少し、ひび割れも自己修復します。

その結果、コンクリート内部への水や有害物質の進入を遮断し、コンクリートの劣化を抑止します。

リバコン工法 結晶化のメカニズム

結晶化のメカニズム

技術資料

〒154-0004 東京都世田谷区太子堂2-7-2 リングリングビルB棟4F

TEL: 03-5779-7871(代)

FAX: 03-5779-7872

E-Mail :  info@livacontec.co.jp

© 2017 株式会社リバコンテック

LIVACONTEC お問い合わせ
LIVACONTEC
LIVACONTEC お問い合わせ
LIVACONTEC
LIVACONTEC
お問い合わせ
LIVACONTEC
LIVACONTEC
お問い合わせ
LIVACONTEC